スケルトン階段でリビングをおしゃれに!メリット・デメリット・施工事例を紹介

〒776-0037 徳島県吉野川市鴨島町上浦431-8

contact

contact

メニューを開く

Blogブログ

2020/05/17

スケルトン階段でリビングをおしゃれに!メリット・デメリット・施工事例を紹介

スケルトン階段でリビングをおしゃれに!メリット・デメリット・施工事例を紹介

最近人気の間取りが、リビング内に階段を設けること。2階へ行くのに必ずリビングを通るので、家族が顔を合わせやすいというのが人気の理由です。

リビング階段にすると、リビングでくつろいでいるときや、ダイニングで食事をとっているときなど、階段が常に目に入るようになります。廊下に階段をつくる以上に、階段自体のデザインにもこだわりたいですよね。

そこで今回は、リビングをもっとおしゃれにしたい方におすすめの「スケルトン階段」について紹介していきます。

スケルトン階段とは?

ギャラリー/高いデザイン性と機能性が両立した家。

スケルトン階段とは、段と段の間の蹴込み板(垂直部分)がなく、向こう側が透けてみえるような階段のこと。踏み板(足を乗せる部分)と、骨組みだけで構成されています。「オープン階段」や「ストリップ階段」と呼ばれることもあります。

スケルトン階段と一口に言っても、形や素材はさまざま。各メーカーから色んな商品がでている他、フルオーダーでつくることもあります。

スケルトン階段と相対するのが「箱型階段」。踏み板(足と乗せる部分)と蹴込み板(垂直部分)で箱のように構成された階段です。こちらは昔から一般的な戸建て住宅の階段によく満たれたタイプです。

スケルトン階段のメリット

スケルトン階段の最大のメリットは、見た目がおしゃれなこと。オブジェのように、リビングのアクセントとなります。そして、①視界、②光、③空気の3つを遮らないこともメリットです。

1.視界を遮らない

蹴込み板がないので、視界が抜けて開放感のある空間になります。リビングに箱型階段を設置すると圧迫感が出ますが、スケルトン階段なら閉塞感がなく、広々としたお部屋に見えます。

2.光を遮らない

スケルトン階段なら、段と段の間のすきまから、階段の向こう側にも光が届きます。箱型階段で悩みとなる暗さが解消でき、吹き抜けや大きな窓と組み合わせることで、明るく快適なリビングがつくれます。

3.空気の流れを遮らない

視界や光とともに、空気も段の間から抜けていきます。階段まわりの通気がよくなることで、よどんだ空気が停滞せず、リビング全体の風通しがよくなります。

スケルトン階段のデメリット

リビング階段の間取りにスケルトン階段を取り入れるなら、デメリットも頭に入れておきましょう。

1.転落の危険性

小さなお子さんがいる場合、段と段の間や、手すりのすきまから落ちてしまう危険があることは考えておかなければなりません。特に乳幼児のうちは、階段を上り下りして遊びたがる子も多いです。登り口にベビーゲートを取り付けたり、転落防止のネットを張ったりと対策が必要かもしれません。

2.階段下が活用しにくい

箱型階段の場合、階段下はよくトイレや収納などに使われます。スケルトン階段は階段下の空間がオープンなので、やや活用はしにくくなります。棚を置く、ディスプレイ収納、ちょっとした作業スペースなど、工夫次第で活用できるので設計士に相談しましょう。

3.下から見える

スカートを履いた方がスケルトン階段を上り下りすると、下から丸見えになってしまうことがあります。そのため、丸見えにならないよう、階段の角度や位置に配慮しなければなりません。

4.価格が高め

デザイン性の高いスケルトン階段は、価格が高め。予算が不安な方は、設計士に相談してみてください。

階段の5種類の形

階段の形は大きく分けて5つ。他のお部屋との兼ね合いや、どのくらいスペースがとれるか、安全性やコスト、デザインなどで選んでいきます。

1.直階段

まっすぐ直線に上がっていく階段です。

最も低コストですが、長めのスペースが必要です。

踊り場がないぶん、転倒時に一番下まで落ちやすいリスクは高め。

しかし階段の幅と向きがずっと同じなので、足を踏み外す危険は少なくなります。

2.かね折れ階段

途中で90度に折れ曲がる、L字型の階段です。

よく建物の端の壁に沿うように作られます。

途中に踊り場があるぶん、一番下まで落下してしまうリスクは少なくなります。

3.折り返し階段

途中で180度折り返す、U字型の階段です。

省スペースで設置できるので、狭い住宅でもよく取り入れられます。

直階段やかね折れ階段に比べて、段数が多くゆるい勾配になる傾向にあります。

4.らせん階段

らせん状にくるくると上がっていく階段です。

省スペースで設置できますが、コストは高め。

見た目がおしゃれで取り入れるという方が多い傾向にあります。

5.カーブ階段

ゆるやかに曲がりながら上がっていく階段です。

デザイン性が高く、空間演出としてよく使われます。

注文住宅のスケルトン階段の施工事例

では、リビング×スケルトン階段を組み合わせた施工事例を3つご紹介していきます。

事例1|アイアン×木製でおしゃれな空間に

施工事例/デザイン性+機能性=∞

こちらは、リビングの吹き抜けにスケルトン階段を組み合わせたケース。まっすぐ上がっていく、シンプルな直階段です。大きな吹き抜けと組み合わせているので、非常に明るい空間に。面積以上に広さを感じられます。人気の高いアイアン×木製で、黒いフレームが空間を引き締めてくれます。

事例2|階段下もしっかり活用

ギャラリー/niceを詰め込んだ家

こちらは階段下をデスクとしてうまく活用しているのがポイントです。階段下は高さのない空間なので、デスクとして使うのにはもってこい。リビングにデスクがあれば、お子さんが宿題をしたり、大人がパソコンなどを使って仕事したりするのにとても便利です。スケルトン階段なら光を通すので、階段下の空間も暗くなりません。

事例3|LDKの中央に階段を

ギャラリー/家族全員の夢が叶った素敵なマイホーム

スケルトン階段なら、このようにリビングの真ん中あたりに設置しても視界・採光・通風の邪魔になりません。リビングの向こう側の和室が見えつつも、階段でほどよく空間を仕切っています。

階段を上がったさきは、広々とした寝室。手前には広いデスクを造り付けています。吹き抜けとの組み合わせでリビングと2階がゆるやかにつながり、いつでも家族の気配を感じられる間取りです。

まとめ

リビング階段にすると廊下を減らせるため、狭小住宅にもぴったり。圧迫感の少ないスケルトン階段にすれば、リビングも明るく広々と感じられます。

メリットの大きいリビング階段とスケルトン階段の組み合わせですが、予算や安全性との兼ね合いも大切。リビング内に階段がつくので、邪魔にならないような配置も考えなければなりません。

HAUS365は、建築家がパートナーとなり、あなたの理想にぴったりの家づくりをおこなっています。ぜひさまざまな要望や相談をしてみてください。

家づくり

contactcontact

0800-600-0012

資料請求・メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!お気軽にお問い合わせください!

ページの先頭に戻る

Copyright© 2019 HAUS365. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.