デザイン住宅とは?メリット・デメリットを解説

〒776-0037 徳島県吉野川市鴨島町上浦431-8

contact

contact

メニューを開く

Blogブログ

2020/06/25

デザイン住宅とは?メリット・デメリットを解説

デザイン住宅とは?メリット・デメリットを解説

デザイン住宅とは、建築家などが一からプランニングした、デザイン性の高い家のことです。一軒一軒異なるコンセプトで設計し、家の中から外までおしゃれな空間をつくっていきます。

今回はデザイン住宅のメリットとデメリットを徹底的に解説していきます。「おしゃれな家・こだわりの家をつくりたい」という方や、「でも費用はかかるし大変そう」と躊躇している方は参考にされてください。

デザイン住宅のメリット

1.自分だけの理想の住まいが叶う

デザイン住宅では、間取りから内装、設備まで、一つ一つ自分の好みに合わせて住まいをつくっていきます。建売住宅や一般的な注文住宅では見ないような斬新な間取りや、ぱっと目をひくデザイン、自分の好みのテイストが叶います。

2.ライフスタイルに合っていて暮らしやすい

「デザイン住宅って、見た目はいいけれど、使い勝手はいまいちなんじゃない?」そう思う方もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。デザイン住宅は住む人のライフスタイルに合わせてつくっていくので、動線やメンテナンス性、収納など生活しやすいように配慮されています。

建売住宅など決められた間取りでは「収納が足りない」「家具の配置がうまくいかない」といった不便なことがでてくることもありますが、デザイン住宅ならそんなことはありません。家具や収納を造り付けにしたり、置きたい家具に合わせて部屋の広さを決めるなどもできます。

3.さまざまな土地の条件に対応できる

デザイン住宅なら、「狭い土地・変わった形の土地」など、一般的な注文住宅では難しい土地にも建てることができます。狭小地や変形地では、一般的な注文住宅が建てられなかったり、土地に合わせてつくり変えると高額になったりと不都合が生じるため、一般的には他の土地よりも安めの設定です。

・狭小地

狭小地は隣家との距離が近いため、採光・通風・プライバシーなどにさまざまな制約があります。一般的な注文住宅だと「隣家の影になって暗いし、風も通らない」「前の土地から丸見え」などの不都合も生じがち。しかしデザイン住宅なら、少しでも無駄なスペースをなくしながら、採光・通風・プライバシーにも配慮して住心地の良い家をつくることが可能です。

・変形地

変形地とは、正方形や長方形ではない、いびつな形の土地のこと。例えば三角形の土地や、極端に細長い土地、高低差のある土地などがあります。

デザイン住宅なら、高低差を活かしてスキップフロアにしたり、土地の形を活かしてあえて建物を台形や三角形にしたり、一般的にデメリットとされる部分もアイディア次第で魅力的な空間づくりに役立てていきます。

デザイン住宅のデメリット

1.高額になるケースもある

同じ注文住宅でも、フルオーダーからセミオーダーまで自由度はさまざま。建てられる間取りが決まっていたり、使える設備や内装に制限があったりする会社ほど、材料費や人件費が抑えられて、安い価格で家が建てられます。

最近では「1,000万台の家」などといったローコスト住宅も多いですが、そういった極端に安い住宅に比べると、デザイン住宅は自由な分、値段も高くなる可能性があります。

しかし自由度が高いからこそ、「お金をかける部分」「抑える部分」が自由に選べるというのもデザイン住宅の特徴。建築家と相談して、削れるところは削っていけば、予算に合わせた家づくりが可能です。

さらに徳島の住宅ブランド「HAUS365」では、なるべく無駄を省いて費用を抑える工夫をしています。スタッフがお客様の要望を前もって整理して、建築家との打ち合わせを3回に設定。無駄な打ち合わせがない分、人件費が抑えられ、安いデザイン住宅をつくることができます。

2.完成までに時間がかかる

デザイン住宅は1軒1軒違った家を建てていくので、間取り・設備・内装など一つひとつ話し合って決めていくと、時間も手間もかかります。「仕事が忙しくてなかなか打ち合わせの時間がとれない」という方や、「子供の入学までに家を建てたいが、あまり時間がない」という方には不向きかもしれません。

「HAUS365」のデザイン住宅は、徹底的な無駄のカットで、そんな「時間がかかる」というデメリットも解消しています。先程言った、「建築家との打ち合わせを3回に抑える」というのも時間短縮につながります。

また、建築家と家を建てるときには、「自分に合う建築家探し」からスタートしなければなりませんが、HAUS365ではあなたの建てたい家について要望を伺ったのち、あなたにぴったりの建築家をご紹介させていただけます。

まとめ

今回は、デザイン住宅のメリットとデメリットを解説しました。注文住宅と一口に言っても、設計への自由度や、得意なスタイルは会社によってさまざま。どの工務店・住宅メーカーに頼むかで、同じ要望を伝えたとしても、全く違った家が建ちます。

理想の家を建てるには、「自分の好みに合う家が建てられそうな住宅メーカー」を選ぶことが最も大切なステップ。色々な会社の家を見て、話を聞いて、自分と合いそうか判断してみてください。


HAUS365では、デザイン性の高い家づくりに役立つ情報満載のコンセプトブックを無料でお送りしています。ぜひあなたの家づくりに役立ててください。→【無料】コンセプトブックの請求はこちらから

家づくり

contactcontact

0800-600-0012

資料請求・メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!お気軽にお問い合わせください!

ページの先頭に戻る

Copyright© 2019 HAUS365. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.