ADMの住宅はすべて、プロの建築家がデザインしております

〒776-0037 徳島県吉野川市鴨島町上浦431-8

contact

contact

メニューを開く

ADM

建築家

内観

アトリエ建築家がデザインしたお家を
選んで建てられる

DESIGN HAUS

選べる4つのスタイル

ライフスタイルに合わせてセレクト
内観

家づくりのプロが、お客様のライフスタイルや家族構成などをしっかりとヒアリングした上で、暮らしやすく、最適な住宅をご提案いたします。

好みのデザインからセレクト
内観

ADMのすべての住宅は、プロの建築家がデザインしております。

その豊富なデザインの中から、お客様好みのデザイン住宅をセレクトいただけます。

予算に合ったものからセレクト
内観

デザインだけではなく、価格も色々。

コストをおさえた「コストパフォーマンス重視」のオシャレな家づくりも実現できます。

高気密・高断熱な家で快適な暮らしを実現
内観

夏涼しく、冬も暖かい、年中快適な暮らしができるADMの家。

エアコンの風を家中に閉じ込めるため、光熱費を節約できるエコな暮らしが実現します。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。
この数値が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”ということが分かります。
ADMの住宅は、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

  • UA値:断熱性を示す「外皮平均熱貫流率」

  • Q値:どれくらい熱が逃げにくい家なのかがひと目でわかる数値「熱損失係数」

気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という指標で表されます。
C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。
日本における目標数値は5.0(㎠ / ㎡)。ADMの標準は、この数値も大きく上回っています。

  • C値:気密性を示す「相当隙間面積」。2020年基準で5.0以下が目標とされる。

地震に強い家
内観

地震が多い日本では、耐震性能が重要なポイントになります。ADMの専門の建築士が、耐震性能を様々な角度からチェック。

構造計算も実施することで、学校や病院などの公的施設と同レベルの、耐震等級2以上を実現しています。

ADM 建築家紹介
  • 深瀬 泰誉

  • 内山 里江

  • 飯塚 一樹

自然素材を取り入れ、健康的な暮らしを
心から満足のいく家づくりを叶えてみませんか?

※本写真画像は全国各地のADMネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、
当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。

contactcontact

0800-600-0012

資料請求・メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!お気軽にお問い合わせください!

ページの先頭に戻る

Copyright© 2019 HAUS365. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.